ESDと帯電防止:その違いは?

カーペットの上を歩いていて、ドアノブなどに触れてショックを受けたことはありませんか?それは静電気のエネルギーです!体内に蓄積されたエネルギーが 外に出て、金属製のものに触れると小さな 火花が出ます。このような火花は、溶剤や燃料などが存在する工業環境や、繊細な電子部品が使用されている場所で作業する場合、深刻な問題を引き起こす可能性があります。

このような事故を避けるために、安全靴には絶縁靴と導電靴の2つのカテゴリーがあります。絶縁 靴は地面から完全に隔離しますが、導電靴は電荷を地面に導きます。導電性シューズは静電気防止またはESD機能を備えています。この2つの違いは何でしょうか?下のビデオでご説明します!

パート1

パート2

概要

静電気防止靴の電気抵抗は0.1メガオームから1000メガオームです。この安全靴は静電気エネルギーを体内に蓄積させないため、火災や爆発の原因となる火花を防ぎます。静電気防止靴は、溶剤や燃料を使用する環境に最適です。

ESDシューズの 電気抵抗は0.1メガオームから100メガオームで、静電気防止シューズよりもさらに低くなっています。このため、静電気の蓄積はさらに制限され、約10倍の速さで消散します。ESDシューズは火花も防ぎ、繊細な電子機器も保護します。


こちらもご覧ください

EH(電気危険度)とはどういう意味ですか?

EHシューズは絶縁性で、電気抵抗が高く、地面から完全に隔離されます。EHシューズがどのように電気的危険からあなたを守るのか、詳しくはこちらをご覧ください。

電気的危険

安全機能の概要

作業環境に最適な安全靴を見つけるためのガイドライン!このページでは、当社の安全靴に搭載されている技術的な特徴をご紹介しています。

概要機能

ISO 20345の完全な概要

安全靴の全認証規格とISO規格を完全網羅。このページでは、安全靴のあらゆる規格をわかりやすく解説しています!

ISO 20345

ビジネスを発展させ、ディーラーになる

Safety Jogger は世界中にあり、常に私たちと同じようにブランドを信頼してくれる人を探しています。私たちは、ブランド、技術、製品の再販などに関するご質問をお受けする専門家チームを準備しています。通常、1日以内にお返事を差し上げます。

さらに詳しい情報は?

フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。